ホームページ

アフター・プリズン・サポート
(After Prison Supports:APS)
スタート・アップ研究会

2017年9月2日(土)16:00~17:30
場所:國學院大学渋谷キャンパス1号館3階1308教室
2017年9月3日(日)9:00~12:00
場所:國學院大学渋谷キャンパス1号館4階1404教室

石塚 伸一(龍谷大学) 五十嵐弘志(マザーハウス)

Days

アフター・プリズン・サポート
(After Prison Supports:APS)
研究会発足の趣旨

拝啓  みなさまにおかれましては、お元気にご活躍のこととお慶び申し上げます。

 さて、日本の刑事施設は、一時的な過剰収容状態が一段落し、再犯防止をスローガンに、さまざまな試みがなされています。また、刑の一部執行猶予の導入などが契機になり、出口支援の充実が叫ばれ、高齢者、障がい者、薬物乱用者などについては、社会復帰支援のシステムやプログラムが立ち上がっています。

 しかし、これらの問題のない比較的長期の人たちについては、有効なプログラムは開発されていません。現在、無期受刑者は1800人を超えていますが、仮釈放は「狭き門」で、身元引受人がいない人たちについては、仮釈放の申請すらされていないという状況です。

 そこで、この度、長期間刑事移設に収容された人たちが、社会復帰するためにどのような支援が必要か、そして、どのようなプログラムが考えられるかを検討する研究会を立ち上げることにしました。

 日頃からご厚誼いただき、ご協力いただけそうな方々にお声をお掛けしています。是非、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

  • 犯罪社会学会 事前研究会

2017年9月3日に予定される犯罪社会学会(9月1日~3日)のテーマセッションC
「長期受刑者の社会復帰について――無期受刑者処遇の社会化にむけて――」につき、事前研究会を行います。
万障お繰り合わせのうえ、ご参加いただければ幸いです。

Speakers

216201_105812049503447_7787590_n
石塚伸一
弁護士・龍谷大学教授

【プロフィール】
龍谷大学大学院法務研究科教授(専門 刑事法学)
龍谷大学矯正・保護研究センター副センター長 同処遇・政策部門長
中央大学大学院博士課程後期法学研究科刑事法専攻退学。法学修士(中央大学)、法学博士(九州大学)

写真20
五十嵐弘志
NPO法人マザーハウス理事長

【プロフィール】
1964年2月10日生まれ
栃木県出身
前科3犯・受刑歴約20年の極悪人がイエス・キリストと出逢い回心、信仰の母をマザーテレサとし、祈りと真の愛を実践するために、民間非営利団体マザーハウスを設立、闇の中にいる人々にイエス・キリストを伝えている。

Schedule&Place

Day 1(9月2日)

Day 2(9月3日)

新着情報
2017年8月28日
活動報告
2017年8月21日
ホームページ
2017年8月21日
会社概要
2017年8月21日
お問い合わせ
2017年8月21日
ブログ
2017年8月21日
カート
2017年8月21日
メンバー
元受刑者の健全な社会復帰の支援は再犯防止のために重要な施策です。当研究会を通してこれから様々な支援策を提案していきます。
216201_105812049503447_7787590_n
石塚伸一
弁護士・龍谷大学教授